電力自由化を行うメリットとは

電力自由化とは、電力の販売を様々な企業が行えるようになった、そして消費者もその中から、自分が希望する業者を選択できるようになった仕組みのことです。従来、電力の供給、販売は、限定された企業においてのみ行われていました。またその選択に際し、消費者が自分の意向を反映させるのは不可能でした。地域によって担当する企業が決まっていたため、その地域に住めば自動的に、その地域を担当している企業と契約を結ぶという流れだったからです。実は電力自由化に関しては、大規模電力を必要とする工場などに向けては、既に行われていました。それが今回、家庭向けにも解禁されたというわけです。このことにより、これまで独占的であった電力市場に競争の原理が発生しました。そしてそれにより、消費者にとっては様々なメリットが発生しています。

自由化で様々なプランが誕生

先にも述べたように、これまで限定された企業によってのみ扱われてきた電力市場に様々な企業が参入したことにより、そこには競争の原理が発生しました。つまりどの企業も、少しでも多くの利用者を獲得するために、様々な工夫を施すようになったということです。その結果、従来では考えられないほどの数のプランが誕生しました。それにより、これまでは画一的だった電力プランに個性が生まれ、消費者の選択の幅が広がったというのがメリットの1つです。使用する電力に合わせたプランは勿論のこと、家庭の人数や電力を最も多く使用する時間帯などに合わせたプランも誕生したため、従来よりも電気料金を抑えることが期待できます。これまでは仕方なく限定的なプランと契約していたという消費者でも、より生活実態や使用する電力に合ったプランと契約することかできるようになったので、このメリットは大きいです。

自由化で電力以外が得になることもある

もう1つ、メリットとして挙げられるのが、電力以外の部分も経済的になる可能性があると言う点です。従来の電力会社というのは、電力しか扱っていない企業でした。しかしそれが自由化されたことで、たとえば小売業を主とする企業が電力を販売したり、ガスを長年扱ってきた企業が電力を販売したりすることも可能となりました。そうした企業の多くは、利用者を獲得するために、自分たちが扱ってきた商品と電力を同時に販売するというサービスをとっています。これを利用すれば、電力はもちろんのこと、それ以外の部分に関しても料金の割引などが期待できます。たとえば小売業であれば、買い物に利用できるポイントが、電気料金の支払いでもついてくるサービスです。ガス会社であれば、ガス料金もお得になるといった具合です。電力を基本として、生活全般にかかる費用が見直せるようになったのが、メリットです。