電力自由化で見られるメリット

物価の上昇や保険料や税金の増加などによって節約を強いられる時代の中、生活の光熱費を節約したいと考える人も多いのではないでしょうか。電力は、今まで、選択肢もないまま各地域で決まった1社の電力会社しか契約をする事が出来ない状態でした。しかし、2016年4月以降、法律の改正によって電力自由化が認められ、各家庭向けに電気小売りが可能になった今、消費者も全国で100社以上ある電力会社から、自分のライフスタイルにあった会社を選んで自由に契約出来るようになりました。では、このシステムで何が変わるのでしょうか。新たに参入して来た企業は、既に存在していた電力会社よりも、サービス向上の為に、値段やセットメニュー、発電方法など様々なサービス内容を用意されている事が多く、使い方次第では今の電気料金を安くする事が可能になるかもしれません。

どんな電力会社があるのか。選びかたとは

現在、沖縄県だけは変わらず1社のみとなっているようですが、他の地域では、10社以上、関東甲信越地方に関しては、50社以上の電力会社から選べるようになりました。元々、企業向けに電気を販売していた事業者をはじめ、ガス会社、石油元売り業者、大手の通信会社にコンビニや鉄道会社まで幅広く参入しています。これに伴い、各社は顧客を集客する為に、他の会社には無いサービスを展開して、お得感をアピールしています。電力自由化によって、電気代が安くなる可能性があるのは嬉しい限りですが、どの電力会社を選んで良いのか分からなくて結局、現状維持のままのご家庭もあるでしょう。ネットでは、無料で料金プランを比較出来るサイトがあるので、変更した場合、どれだけ変わるのか調べてみると良いかもしれません。

電力自由化による心配事とメリット

新たに契約するのは良いけれど、電気の配給に問題や倒産する事はないのかと心配する声もあるようです。契約する電力会社が変わっても、今までと同じ送電綱を通って電力が流れてくるので、品質が変わる事もなく安心して利用できます。また、故障応対に関しても、送電会社が全て担ってくれます。電力会社を切り替える為には、電力メーターの「スマートメーター」の交換が必要になってきますが、工事は基本無料なので、費用がかかる心配も要りません。工事以来も、新しい電力会社が手続きを行います。よって、メーターを変えるだけなので、建物全体か一括で契約している場合を除いては、賃貸マンションやアパートでも変更が可能になるのです。しかし、一部の会社では事務手数料がかかる場合もあるようなので、説明書や契約時に確認する事を忘れないようにしましょう。