解説します電力自由化で何が変化するのか

従来、電力の供給、販売は限られた企業によってのみ行われていました。この企業は地域ごとに分割されており、そこに住む人は、そこ地域を担当する企業と契約することで、電気を利用することができていました。つまり消費者が、電力会社を選ぶことに自分の意向を反映させることは不可能だったと言うことです。こうした従来の仕組みを見直し、電力市場に新たな企業が参入することを認める、また消費者が電力会社を選択することができるようにしたのが電力自由化です。これは元々海外では導入されることが多かった仕組みです。また日本国内においても、大規模電力を必要とする工場やビルなどに対しては行われてきたとことです。しかし一般家庭向けには解禁されていなかったのですが、2016年の4月から、一般家庭に向けても解禁されました。

電力自由化で何が変化するのか~市場に競争原理が発生する

この仕組みでいちばんに変化するのは、電力市場です。従来は、一企業によりほぼ独占されていたといっても過言ではない市場に、多くの企業の参入が認められたわけですから、当然、そこには競争の原理が発生します。これまでは、電力使用に際して、消費者は電力会社を選ぶことができませんでした。よって電力会社にしてみれば、特別、何もしなくても、顧客を確保できていたということです。しかしこれが一変し、消費者の選択肢の幅が広がったことにより、何かしなければ顧客確保ができないという危機感が、各企業に生まれるようになりました。こうした競争原理の発生は、消費者にとってもメリットがあることだといえます。今まで限定的だったプランに、各企業が特色を出してくるわけですから、より経済的な、あるいはメリットの多いプランを選びやすくなったといえます。

電力自由化で何が変化するのか~消費者の生活

先にも述べたとおり、電力の自由化は消費者にとってはメリットが大きい仕組みです。これは、この仕組みによって消費者が選択できるプランが増加したためです。こうしたプランの多くは、より消費者の生活実態や家族構成、使用する電力量に即した内容のものです。またその企業が元々、扱ってきたサービスと電力を組み合わせることで、その両方に割引などが適用されるといったプランもあります。そのため、この仕組みを上手に利用すれば、消費者の生活全体、特にそこにかかる費用が電力を基本として大きく変わることも期待できます。ちなみにこの仕組みにおいても、電力の送電に関しては従来通りの流れが踏まれます。よって新規参入してきた企業だからと言って、その供給が不安になることはないので、その点の心配は不要です。